ヘブライ語写本の中で際立って豊かな装飾を誇る作品
 


イスラエル博物館 (エルサレム)

Rothschild Miscellany

MS. 180/51

ヘブライ語写本の中で際立って豊かな装飾を誇る作品です。

全948ページ。「過ぎ越しの祭」のハガダーを含む作品集。

816ページにわたる装飾と絵はユダヤ教の生活を細かく描いています。1479年にイタリア北部で作られました。

550部の限定生産 (シリアルナンバー付)

ISBN 0 948223 030
価格 £8,210.00

ご購入 »

Folio 1b - 楽器を弾くダビデ王 拡大 »

The Rothschild Miscellanyは、1479年にMoses ben Yekuthiel Hakohenによって注文されました。その頃、イタリアのユダヤ人たちは社会のあらゆる階層と関係を持ち、多くの者はキリスト教徒の貴族として生きる道を選びました。フィレンツェのメディチ家や、フェッラーラのエステ家はユダヤ人に寛容でした。キリスト教徒による高利貸しをキリスト教会が禁じたことは、ユダヤ人コミュニティーに大きな利益をもたらしました。ルネサンスの時代とともに、裕福なユダヤ人は豊かな暮らしを楽しみ、文学と芸術を愛好するようになりました。それでもなお、彼らはユダヤの宗教的財産から遠ざかることはありませんでした。ルネサンスは、イタリアのユダヤ人文化にもかつてない活気を与え、学者、芸術家、詩人、医師などを輩出しました。

The Rothschild Miscellanyはこの時期のヘブライ語写本の中でもっとも優雅な作品です。宗教的なユダヤ人と世俗的なユダヤ人のあらゆる習慣が細部まで記録されています。人物描写や、 ミニアチュールの縁を彩る装飾はフェッラーラ周辺で作られたと考えられ、イタリアのルネサンスの影響を映しています。空想上の景色、遠近画法、人間や動物の描写は、15世紀の半ばごろにエステ家の宮廷に仕えていた芸術家のスタイルを反映しています。ラテン語で書かれた聖書写本の装飾を担当した芸術家たちと関係があったようです。

Folios 311b-312a. 詳しく »

この写本が現在まで伝わった経緯には謎があります。1832年から1855年まで、この本はトリエステのSolomon de Parenteコレクションのうちの一つでした。その後、パリのロスチャイルド家に売られ、やがて、フランスがドイツに占領されていた時期に盗まれてしまいます。そして、1950年にニューヨークで見つかりました。Hugo Streisandというドイツの書籍商がユダヤ神学校に5,000ドルで売ったのです。その学校の図書館長Alexander Marxは、購入した本がロスチャイルド家から盗まれたものだと気付き、一家に返還しました。イスラエルのベザレル博物館の館長Mordechai NarkissはJames de Rothschildに対し、この書籍がイスラエルの国宝と言えるほどの価値を持っていると説得しました。1957年、彼はこの写本をエルサレムに贈呈しました。

The Rothschild Miscellanyには宗教的な著作も世俗的な著作も収録されております。たとえば、 「詩篇」、「箴言」、「ヨブ記」、祈祷書(過ぎ越しの祭のハガダーを含む)が載せられています。加えて、ユダヤ教の祭と、特別な場面でのお祈りも説明されています。他の作品は哲学、道徳などを扱った論文です。写本全体にわたって、多くのユダヤ人学者が書き加えた注釈が本文の外側に添えられています。

Folios 156b-157a - ユダヤ教の祭り「過ぎ越しの祭」の夕食(Seder)に関するページ 詳しく »

この作品集の特色は、優雅な装飾です。 ルネサンスの影響を受けたユダヤ人家庭の生活習慣が詳しく描写されています。全948ページのうち、816ページに鮮やかな装飾がされています。ヘブライ語の写本の中で、もっとも豊かな彩りを持っていると言っても過言ではありません。

 

エルサレムに住むBinyamin Elizur氏が、この写本の内容を表にまとめました。ヘブライ語と英語で書かれています。 Download

写本に収録された主な著作

1 この写本に収録されている「詩篇」、「ヨブ記」、「箴言」には、正確な発音を示す記号や句読点 (Masorah)が付けられています。ラシー(11世紀に生きたユダヤ教学者) シュロモ・イツハキの略称)による註解が80ページにわたって添えられています。
2 一年を周期として読まれる祈祷書です。ユダヤ教の祭や、特別な場面で唱えられる祈りも載せられています(yozerot, selihot, piyyutim, hosha‘notなど)。 Folio番号 79v-274v.
3 Tashbez - 戒律と習慣に関する著作。13世紀に生きたユダヤ教学者R. Meir of Rothenburgの考えに基づく記述です。 Folio番号 79v-123v. (本文の余白)
4 Hayyei ‘Olam - 13世紀に生きたユダヤ教学者R. Jonah Gerondiによる著作。道徳を扱う。Folio番号 124r-133r. (本文の余白)
5 Minhagim Book - 祭り、礼拝、シナゴーグ(ユダヤ教の礼拝所)に関連する習慣を説明した本です。15世紀に生きた学者R. Samuelによって記されました。Folio番号 133v-155r. (本文の余白)
6 Hilkhot hamez u-mazzah (イーストを使うパンと使わないパンに関する戒律) Maimonides著 Mishneh Torahからの抜粋。 Folio番号 155v-166r. (本文の余白)
7

Maimonidesの記したPerek Helekに関する註解。Folio番号 166v-174v. (本文の余白)

8 Avot (祖先に関する著作で、ミシュナーに収録)に関する、Maimonidesの註解。Shemonah Perakim (8つの章)という前書きも載せられています。 Folio番号 174v-197r.
9 Sefer ha-Kabbalah (「伝統の書」)は、12世紀にスペインで活躍した学者R. Abraham ibn Daudの著作です。古代から12世紀までを扱った年代記です。Folio番号 175r-191r. (余白)
10-11 R. Joseph ibn ‘Aknin著 Mevo ha-Talmud (「タルムードの入門書」)とMa’amar ‘al ha-Mishkalot ve-ha-Middot (「度量衡に関する論文」) Folio番号 191v-202v. (余白)
12 アリストテレスの手紙 (道徳について) Folio番号 202v-206r. (本文の余白)
13 The book of Josippon - 9世紀に書かれた作品で、聖書の時代から第二神殿の崩壊までについて記されています。Folio番号 206r-274 (余白) 275r-298r (ページの中心部)
14

R. Shem Tov Falaquera著 Sefer ha-Ma‘alot (道徳と哲学に関する著作) Folio番号 298v-334r.

15 R. Isaac ibn SahulaによるMeshal ha-Kadmoni (祖先の格言)は韻をふんだ格言と寓話です。著者は、13世紀スペインに生きた学者です。Folio番号 298v-371r.
16 Divrei ha-Yamim mi-Moshe Rabbenu - モーセの生涯に関する著作。 Folio番号 334-341r. (本文の余白)
17 Midrash va-yissa‘uは、Shechemに対する十二部族の戦いに関する著作です。 Folio番号 341v-342v. (本文の余白)
18 Ma‘aseh Hiram (Hiramの物語) - Sidon (都市名)の包囲に関する著作。 Folio番号 343r-343v. (本文の余白)
19 MaimonidesがLunel(地名)の学者にあてた手紙 Folio番号 343v-347v. (本文の余白)
20 R. Jedaiah ha-Penini著 Behinat ‘Olam 韻をふんだ道徳的著作です。Folio番号 347v-357v. (余白)
21 R. Jedaiah ha-PeniniからR. Solomon Adretに送られた弁明書 Ketav Hitnazzelut Folio番号 357v-381v. (余白)
22 Ben ha-Melekh ve-ha-Nazir (「王子と世捨て人」) はアラビア語から訳された教訓的作品です。 Folio番号 372v-418r.
23 Judah b. Isaac ibn Shabbetaiによる Minhat Yehudah Soné ha-Nashimは女性を批判する著作です。 Folio番号 382r-393r. (余白)
24 R. Isaac of DuraによるSha‘arei Dura (「Duraの門」)はユダヤ教で禁止された食品に関する作品です。戒律に詳しい著者は13世紀に活躍しました。Folio番号 343v-440r. (余白)
25 Sod ha-Sodot (「秘密の中の秘密」)は政治に関する著作で、アリストテレス派が書いたと偽られた本です。 Folio番号 418v-433v.
26 Isaac ibn Hunayn著 Muserei ha-Filosofim (「哲学者たちの格言」) Folio番号 433v-464r.
27-30 13世紀に生きた学者R. Isaac of Corbeilによる、Halachahに関する著作 Folio番号 440r-445r. (本文の余白)
R. Gershom Me’or ha-GolahによるTakkanot Folio番号 445v-447r. (余白)
R. Judah he-Hasidの遺書 Folio番号 447v-449r. (余白)
パレスチナとバビロニアのユダヤ人の習慣の違いに関する著作 Folio番号 449r-450r. (余白)
31-33 Mishpat Hibbut ha-Kever Folio番号 450r-451r. (本文の余白)
Alfabeta de Ben Sira (Ben Siraのアルファベット) Folio番号 451r-454v. (余白)
ラビ(ユダヤ教の聖職者)の格言集 Folio番号 455r-462r.
34-37 暦に関する規則 Folio番号 463r-469v.
Joseph ha-Ezoviによる詩 Ke‘arat kesef (「銀の皿」) Folio番号 464v-467r.
ユダヤ教の祭 Purimと「過ぎ越しの祭」に関する、R. Judah ha-Leviの著作。 Folio番号 467v-470v.
カレンダー Folio番号 471r-472v.
Folio 65b - ソロモン王と(聖書の)「箴言」 拡大 »

余白に書かれた文章

  1. 「詩篇」についてのラシーの註解
  2. 「ヨブ記」と「箴言」についてのラシーの註解
  3. Tashbez
  4. Sefer Hayyei ‘Olam
  5. R. Meir b. Barukh of Rothenburg著 Sefer Haminhagim (習慣に関する本)と Maimonides著 Hilkhot Hamez Umazzah (「過ぎ越しの祭」に関して)
  6. Abraham Ibn Daud著 Sefer Haqabbalah (歴史を扱った作品)と Isaac ben Israel著 Yesod ‘Olam (歴史に関して)
  7. Joseph b. Yehuda of Barcelona著 Seder Hatana‘im (歴史に関して)と Joseph Ibn Aqnin of Barcelona著 Seder ‘Olam ‘Inyan Hamatbe‘ot (歴史と貨幣に関して)
  8. Yosipon (偽の著作「ヨセフ記」について) (歴史に関する作品)
  9. Yehiel ben Yequtiel ben Benjamin Harofe著 Sefer Hama‘alot (道徳に関して) モーセに関する物語
  10. Midrash Wayissa‘u (歴史に関して) ‘Inyan Hiram Melekh Zor (歴史について)、MaimonidesによるMontpellier(地名)のユダヤ人たちへの手紙、Yeda‘yah Hapenini著 Behinat ‘Olam (哲学について)、Yeda‘yah Hapenini著 Ketav Hitnazlut
  11. Solomon ben Aderetへの手紙 (哲学について)、Judah Halevi著 Tahkemoniの遺書 (道徳について)、Isaac of Duran著 She‘arey Dura (Halachahについて)
  12. Isaac of Corbeilの著作 (儀式に関して)
  13. R. Gershon b. Yehuda著 Taqanot (Halachahについて)、 Judah Hehasidの遺書 (道徳と習慣について) パレスチナとバビロニアにおける習慣の違いに関する著作と、(ユダヤ教で信じられている)死後に下される審判 (道徳に関して)
  14. Ben Siraのアルファベット (道徳)
  15. Aggadot (歴史について) 暦に関する決まり
 
Folios 132b-133a 拡大 »

前書き

弊社がthe Kennicott Bibleという写本の複製を作りはじめたとき、完成すると思っていた知人はわずかでした。しかし、5年後に弊社の製品は、the Bodleian Library (英国)から「今までに作られた複製本の中でもっとも正確なものだろう」という賛辞を賜りました。

The Rothschild Miscellanyを正確に複製することは、前作よりはるかに難しいように思われましたが、作ろうと決心しました。品質の高い材料と経験豊かな職人を見つけ、複製作りが始まりました。原版の外見の再現だけでなく、品格をも再現できるように努力を重ねました。

原版の豊かな装飾を再現するため、写本が作られた時代の技術と工程を研究し、採り入れました。この製品の各ページはイタリアの印刷所で刷られました。印刷の期間中、弊社の総責任者(Falter家)がイタリアに滞在し、各ページの修正と点検を監督しました。職人技とデジタル技術によって、複製本が完成しました。

各ページの大きさは微妙に異なります。 拡大 »

手書きで書写された文章と多くの装飾を含む、この作品には上質で、半透明のvellum紙が使われています。原版に使われた紙の厚さ、重さ、透かし度を再現するために特別な工程で作りあげました。複製本に使われている紙は、pH中性の植物性の羊皮紙で、イタリアの製紙場で一年以上かけて作られました。 原版の各ページの大きさには、微妙な違いが見られます。一枚ずつ、原版のページと全く同じ大きさに切った後、年月を経た「渋み」が加えられます。以上の工程で、原版に限りなく近い本を作ります。

原版の撮影

原版の撮影は複製本作りの第一段階です。 原版を所蔵するイスラエル博物館で、写真家David Harris氏が写本を撮影しました。細部まで正確に写すlarge-format Ektachromeフィルムと、高品質レンズ(optically flatかつoptically white)を使用しました。中央部の歪みをなくすため、写本は撮影前に解体されます。以上の工程により、写本と全く同じ大きさの複製本を作ることができます。

印刷所で各ページを点検するLinda Falter 詳しく »

質の高い写真、試し刷り、印刷

原版の装飾を再現するために12の色を組み合わせて印刷されました。948ページ分の写真で 色の分析をイタリアで行い、同時に、エルサレムにある原版と対照します。一枚ごとに、最大4回まで試し刷りを行います。

金の装飾の細部 拡大 »

金の装飾

原版の装飾の例として、盛り上がった形の磨かれた金が見られます。写本が作られた当時と同じ工程で作ることができませんでした。したがって、原版と異なる工程で再現する方法を開発しました。812枚に及ぶ、装飾されたページに職人が手作業で箔を貼りつけました。 平らな形の金や金粉が使われている装飾部は、原版と同じ方法で再現されております。

原版に見られる穴 拡大 »

原版で使われた紙に見られる穴

原版の写本には上質のvellum紙が使われていますが、稀に穴が見つかります。原版で穴の見られる箇所が複製本においても正確に再現されています。ページの中心部に穴がある場合も、複製本の本文を傷つけないように慎重に穴を空けます。

行間を整える穴 拡大 » 虫に食われた部分も原版通りに再現されています。 拡大 »

行間を整える印

原版の一部において、行間を整えるために空けられたが見られます。 書記が文章を書いた後、その部分は切り取られることが多いのですが、そのまま残っている場合があります。その目印は複製本でも忠実に再現されています。

刻印されたシリアルナンバー 拡大 »

本の番号

各製品には空押しという方法でシリアルナンバーが刻印されます。金属の型を使って、手作業で刻まれます。すべての部を刷った後、ラビ(ユダヤ教の聖職者)の承認を得て、印刷に使った型と版を処分し、お客様のお買いになる複製本の価値を保っています。

銀の留め金の付いた革ひも 拡大 »

表紙

原版の表紙が現存しないため、表紙を再現するか否かが問題になりました。かつて、大英図書館で古書の収集と保存を担当していたMirjam Foot氏が、写本が作られたのと同じ時期にイタリアで作られた表紙の中から、原版に合うものを選び、複製本の表紙のデザインに提案してくださいました。表紙と(本の背の内側に縫い付けられた) ひもの材質は上質のモロッコ革です。表紙を固定する革ひも(4本)の先には銀の留め金が付けられています。

細かい模様の刻まれた複製本の表紙

飾り方

この複製本は、モロッコ革でできた専用の外箱に収められます。複製本に付属する解説書にも同様の外箱が付けられています。原版を所蔵するイスラエル博物館と弊社の証印と署名の入った保証書が全ての製品に同封されます。

贈呈用の保証書 (ご入用なら)

贈呈される場合、ご入用なら弊社のカリグラファーが手がけた華やかな保証書をお送りします(無料)。複製本の表表紙の内側に貼り付けることもできます。注文時にお申し付けください。しばらく時間を頂きます。

発送、包装、保険

本体の価格は包装、発送、保険の費用を含みます。UPS社が運送を担当いたします。ご注文を承り次第、お客様にelectronic invoice (送り状)をお送りします。UPS社からお客様へメールが届き、お客様の商品の進行状況が分かります。

 

原版の内容、装飾、同時期のイタリアで作られた作品との違いや類似点、この写本が作られた背景などを専門家が分かりやすく解説しています(英語)。また、複製本に使われた表紙、写本学古文書学に関する説明も含まれています。解説書の縦と横の長さは、複製本と全く同じです。また、表紙の材質はモロッコ革で、細かい模様が入っています。解説書専用の外箱に収めて、飾ることができます。

解説書の178、179ページ目

解説書の内容

解説書の表紙。複製本の表紙と同様に、細かい模様が刻まれています。 拡大 »
  1. 序文 - Iris Fishof氏 (イスラエル博物館の元主任学芸員)
  2. この写本が作られた背景について - Shlomo Simonsohn教授 (テルアビブ大学)
  3. この写本の内容について - Israel Ta-Shema教授 (エルサレム・ヘブライ大学)
  4. この写本に関する古文書学研究について Malachi Beit-Arié教授 (エルサレム・ヘブライ大学)
  5. この複製本の表紙について - Mirjam Foot氏 (大英図書館)
  6. 装飾と、担当した芸術家について - Louisella Mortara-Ottolenghi教授 (写本と装飾の歴史が専門) (Università degli Studi di Milano)
  7. 執筆協力 Binjamin Elizur氏、Raphael Loewe氏

解説書からの抜粋

Page 41
‘The magnificent Israel Museum manuscript known as the Rothschild Miscellany is no mere book – it would be more appropriate to call it a library. The number of literary units (as distinct from works) within its covers, some complete, others incomplete, amounts to thirty-seven, representing a variety of areas of classical and mediaeval Hebrew literature. The books are written side by side, two and even three at a time, some in the body of the page, others on the margin, in what looks like a haphazard jumble. This chaotic impression, however, is deceptive: the breathtaking beauty of the manuscript obscures the meticulous planning invested in the ideological, structural and technical layout of the text, its inner logic and its purpose. The careful thought devoted to the technical and palaeographic aspects of this complex anthology have already been described by Professor Beit-Arié.’

Chapter 4 - Page 55
Hayyei ‘Olam (Eternal Life)
This book is merely another name for R. Jonah Gerondi’s Sefer ha-Yirah (the Book of Reverence), one of the best-known popular halakhic works in Jewish literature. Woven together in the text are the religious laws governing all details of man’s everyday behaviour, from the moment he rises in the morning until he retires at night, interspersed with admonitory passages on the fear and love of God, as well as the importance of ethical behaviour toward one’s fellow persons. Written in a popular and swiftly flowing style, though nevertheless maintaining a high literary level, the book is intended for the simple, ordinary Jew, wherever and whenever he may live; in fact, this is the first book known to us with this prospective readership in mind. It is traditionally attributed to R. Jonah Gerondi, author of the celebrated moralistic text Sha‘rei Yeshuvah (Gates of Repentance), a renowned colleague of Nachmanides, born in Catalonia but active both in his country of birth and in France; in his later years he lived in Spain and headed a great Yeshivah (talmudic academy) in Toledo where he died in 1260.’

 
複製本
  • 約21cm × 15.6cm × 10.2cm (原版の各ページの大きさの違いを忠実に再現)
  • 全948ページ。474フォリオ。
  • 磨かれた金、平らな金、金粉、銀を使った装飾が816枚のページに施されています。原版の絵の色を細部まで再現しました。
  • 160gsm (重さ)。表面を加工していないpH中性の紙を使用。
  • 本製品に使われている紙は、イタリアの製紙場で一年以上かけて作られました。原版に使われた紙(vellum)の透かし度、手ざわり、厚さを再現するために特別な工程で作りあげました。
原版の撮影
  • 原版を所蔵するイスラエル博物館で、写真家David Harris氏が写本を撮影しました。細部まで正確に写すlarge-format Ektachrome フィルムと、高品質レンズ(optically flatかつoptically white)を使用しました。中央部の歪みをなくすため、写本を解体して撮影。以上の工程により、写本と全く同じ大きさの複製本を作ることができます。
印刷
装飾
  • 原版には三種類の金装飾が見られ、複製本でも正確に再現されています。原本において、金が盛り上がっている箇所は、弊社独自の方法で盛り上がらせた部分に箔を貼り、再現しました。平らな形をした金(原版)に関しては、金属の箔を手作業で貼りつけて複製されています。加えて、金粉も同じ箇所に使われています。
  • 原本に銀箔が使われている箇所も忠実に再現しました。また、銀が酸化している箇所は、より暗い色の箔と特別なワニスによって、仕上げられています。
行間を整える穴と各ページの裁断
  • 写本に本文が書かれる前、両端の部分に行間を整えるためのが空けられる場合があります。その後、穴が空けられた部分は切り取られることが多いのですが、その目印が残っている箇所は、忠実に再現されています。
  • 複製本の本文を印刷した後、原本の各ページと全く同じ大きさに一枚ずつ裁断します。続いて、年月を経た「渋み」を出す仕上げを各ページの端に施します。
表紙
  • 表紙の材質は上質のモロッコ革で、表と裏の表紙と背の部分に模様が刻まれています。手作りのひも (飾り用)が本体に付けられています。また、の留め金が革ひもの先に付いており、表紙を固定できます。
解説書 (英語)
  • 全256ページ。46色。 型で作られた Magnani紙に印刷。160gsm (平方メートルあたりの重さ)の紙が使われています。表紙の材質はモロッコ革で、細かい模様が刻まれています。専用の外箱に入れられます。
飾り方
  • 複製本と解説書はそれぞれ、専用の外箱に収められます。複製本の表紙を固定する革ひもと留め金もちょうど収まるように、職人の手作業で作られました。
贈呈用の保証書 (ご入用なら)
  • 弊社の製品をどなたかに贈呈される場合、弊社のカリグラファーによる、華やかな証明書を無料でお作りします。ご入用であれば、注文時にお申しつけください。注文を承った後、製作しますので、しばらく時間がかかります。
発行部数
  • 550部限定。 その内、500部は通常版(1から500まで、番号が刻まれています)、50部は贈呈に適した特別版(I, II, III, IV~Lのようにローマ数字で番号を刻印)です。シリアルナンバーは、裏表紙の内側に小さく刻印されています。 スチール製の刻印型が使われます。イスラエル博物館の認証印が押された、番号付き保証書が同封されています。
  • 印刷に使われる型と版は全ての部が印刷された後に破棄されます。お客様のお買いになる複製本の価値は保たれます。
発送、包装、保険
  • 本体の価格に発送、保険など、すべての費用が含まれています。
  • UPS社による発送。(一部地域除く)
  • 一部地域を除く追加料金なしの翌日配達サービス(UPS社)
  • 送り状とメールをお送りします。メールで進行状況をお知らせします。
 
ご購入 The Rothschild Miscellanyの価格は£8,210.00です。 ご購入 »