大英図書館 (ロンドン)

The Barcelona Haggadah

MS. ADD. 14761

大英図書館所蔵のヘブライ語写本の中で、際立った輝きを持つ傑作。

550部限定

ISBN 0 948223 081
価格 £3,950.00

ご購入 »

本を解説した目録の札 詳しく »

The Barcelona Haggadahは大英図書館の所蔵するヘブライ語写本の中でも屈指の美しさを誇ります。14世紀に作られ、Barcelona軍の盾に似た絵が含まれているので、この名が付きました。

この写本が作られた時代、現スペインのAragón (アラゴン)とCatalunya (カタルーニャ)にヨーロッパで最大級のユダヤ人共同体がありました。バルセロナでは、宮廷とのつながりが深い写本芸術が栄えていました。イタリアとフランスの影響を受けました。

ユダヤ教の祈祷書の中でも、 過ぎ越しの祭のハガダーは特に美しく飾られています。色とりどりの絵がその祭日の行事を細かく説明しています。その祭日に家族が集まる夕食 Seder (セデル)で使いやすい大きさに仕上げられています。

Folio 20v - 祭日の夕食でパンを割って隠している様子 詳しく » Folios 60v-61r - 美しく描かれたmatza (酵母を使わずに焼いたパン) 詳しく »

The Barcelona Haggadahの特徴は全322ページのうち、128ページが装飾や絵に彩られている事です。中世スペインのユダヤ人の暮らしが魅力的な絵や場面によって描かれています。その頃、バルセロナと周辺地域では音楽と芸術が栄え、そこに住むユダヤ人も大きく影響を受けました。1401年、キリスト教徒達がユダヤ人に対してキリスト教への改宗を強制するまで、ユダヤ人の音楽家は双方の調和を助けていました。

そのような影響もあり、音楽について細かく描かれています。本の中に28種類の楽器が登場します。食事の場面は当時のユダヤ人家庭を、ユダヤ教会(シナゴーグ)での場面は当時の礼拝風景、宗教的伝統を分かりやすく描写しています。

Folios 24v-25r - 晩餐で唱えられる祈り 詳しく »

大きく見やすい字で書かれており、各ページ8行で成ります。322ページの内、文章が書かれているのは180ページです。残りのページには、過ぎ越しの祭 (ぺサハ)の他の日に使われる祈りや詩が収められています。

Folios 31v-32r - 5人のBnei Brak のラビ (ユダヤ教の聖職者) 詳しく » Folio 30v -エジプトにおいて、我らは奴隷であった。 拡大 »

この写本に書かれた文によって、何人かの持ち主の名が分かりました。1459年、エルサレムのShalom Latif氏がボローニャのRabbi Moses ben Abrahamに50 ducatsで売りました。さらに、スペインから一方的にユダヤ人が追放される前に他の国に運ばれました。1599年にキリスト教会の検閲を受けました。Fra’ Luigi del Ordine de San Dominicoによる次のような署名があります。 ‘Visto per me Fra. Luigi del Ordine de San Dominico 1599’

他の持ち主はJehiel Nahman Foà (おそらく17世紀に所有)、Mordecai Hayyim、Raphael Hayyim (Ottolenghi家)などです。1844年、大英博物館が購入しました。

 
Folio 42v. 大きく »

The Barcelona Haggadahに含まれる書はHaggadah、スペイン様式のpiyyutimTorah、ならびにアラム語訳の Targumimとpiyyutim (プロヴァンス様式)です。

 
Folios 28v-29r. 大きく »

この作品について

The Barcelona Haggadahは出版された複製本の中でも特に優美な作品です。細部までこだわり、原本の持つ品格をも再現いたしました。お客様から次の世代へ受け継がれる宝物になれば幸いです。

当初から、原本を寸分違わず再現する事を目ざしておりました。原本に使われているvellum (羊皮紙)の重さ、厚さと透かし度を測り、平均値を出しました。数年をかけ、原本で使われている紙に限りなく近い紙 (表面が加工されていないpH 中性の紙)を作りました。その紙はアルプス山脈にある小さな製紙場で作られており、弊社によるthe Kennicott Bible、the Rothschild Miscellanyの複製本などでも用いられました。羊皮紙とほとんど同じ性質、感触が評価されています。

質の高い写真

複製本を作るのに欠かせないものは、原本を限りなく正確に撮った写真です。大英図書館の経験豊かな写真家Laurence Pordesが今回の撮影を担当致しました。Large-formatの大きさで撮影しました。 (Kodak Ektachromeフィルムを使用)

原版に限りなく近い色に。 大きく »

色の再現、試作、印刷

印刷や色の職人が細心の注意を払って、印刷致しました。最大12色が印刷に使われています。色の専門家がレーザースキャナーを使い、丁寧に色を分析、再現し、試作します。

試作ページはロンドンで原本と比べられます。試作を繰り返し、原本に限りなく近い色を追求するため、ページ毎に、4回まで試作します。

最大12色のオフセット印刷。複製された本の各ページは原版とまったく同じ大きさです。弊社がイタリアにある印刷所で全ての部を監督しました。

行間を整えるために開けられた穴 大きく »

行間を整える目印

原版の中で、行間を整えるために開けられたがいくつかのページで残っています。その目印は複製本でも忠実に再現されています。

職人の貼り付けた金箔 拡大 »

金箔などの装飾

磨かれた金箔などを使い、浮き彫り、平面の装飾を仕上げました。当時の輝きが再現されています。322ページの内、金・銀で飾られた105ページに職人が手作業で金箔を貼り付けました。

原版に使われた金粉・銀粉に似た粉を使いました。酸化した銀の色を独自の工程で再現しました。

複製本のページ 大きく »

ページの裁断

原版のページの大きさは一様でないため、はみ出た部分は特に茶色になっています。原版と全く同じ大きさで一枚ずつ裁断し、年月を重ねた渋みも再現されています。

The Barcelona Haggadahの牛革(calfskin)を使った表紙 大きく »

製本

茶色の牛革(calfskin)の表紙に絵や模様が、(空押しという方法で) 刻印されています。イタリアの職人によって、本を飾るひもが本の背の内側に縫い付けられています。また、原本の枚数構成が正確に再現されています。複製本のみならず、別冊の注釈書にも、同じ表紙や(型を使って一枚ずつ作った) Magnani が使われています。 注釈書の表紙には天然の羊皮が少し含まれており、複製本の表紙とほぼ同じ質を保ちながら、細やかな違いを添えました。注釈書の題は、本の背に金字で刷られています。

外箱と複製本・解説書 拡大 »

飾り方

大理石模様の外箱によって、複製本と注釈書をおしゃれに飾られます。全ての部に必ず付いている保証書には大英図書館の公式印があり、お客様の購入された本の番号、本の大きさが書かれております。スチールの刻み型を使って、目立たないように裏表紙の内側に番号は刻まれます。

お言葉、文をお入れします

ご入用なら、贈呈用の保証書をお付けします。注文時にお申し付けください。少しお時間を頂きますが、飾り文字の芸術家の手による保証書をお作りします。代金は製品の価格に含まれていますので、無料です。保証書を複製本の表紙の内側に貼り付ける事もできます。ご希望なら、合わせてお申し付けください。

番号の刻まれた裏表紙 拡大 »

発行部数

550部の印刷が終わりましたら、Halachah (ユダヤ教の規定)に従い、印刷の版と型を処分いたします。お客様の購入された本の価値を保ちます。

発送、包装、保険

本体の価格は包装、発送、保険の費用を含みます。UPS社が運送を担当いたします。ご注文が入り次第、お客様にelectronic invoice (送り状)をお送りします。UPS社からお客様へメールが届き、お客様の商品の進行状況が分かります。

 

複製本を解説する本が付いております。(英語) 原本の文の全訳が載せられています。

解説書の100-101ページ 大きく »

この注釈書はJeremy Schonfield氏(Oxford Centre for Hebrew and Jewish Studiesの研究者)によって編集されました。

解説書の内容

  1. 前書き (Jeremy Schonfield博士による)
  2. この作品の成立について Malachi Beit-Arié氏 (エルサレム・ヘブライ大学)がこの作品を写本学、古文書学の観点から解説します。
  3. 装飾について Evelyn M. Cohen博士 (ニューヨーク Jewish Theological Seminary)が芸術史と装飾に関して解説します。
  4. 原本・複製本の綴じ方について Leila Avrin博士 (エルサレム・ヘブライ大学)が原本・複製本の綴じ方に関して解説します。
  5. 写本の持ち主について Diana Roland-Smith博士 (大英図書館)が、この写本の過去の所有者について、解説します。
  6. 詩について Menahem Schmelzer博士 (ニューヨーク Jewish Theological Seminary)が写本の内容と詩について解説します。
    Menahem Schmelzer氏の文章の抜粋

    In the main part there are 46 poems; while in the supplementary part their number is nine, with one poem appearing within the Haggadah proper. Most of the piyyutim belong to the genre called yoseroth, or poems preliminary to the yoser blessing, recited each morning, in which God is praised as the creator of the World. This poetic genre developed in the Holy Land towards the end of the Byzantine period and served as a vehicle for liturgical change and creativity, providing poetic embellishment to the morning service, and relieving the monotony of the standard prayers. Originally, the poetic yoser would have served as a substitute for the standard text, and would have retained only a few statutorily required liturgical formulae, while offering a wealth of poetic variations on the basic themes of the service.

  7. 詩とアラム語訳聖書の英語訳 - University College Londonのヘブライ語名誉教授であるRaphael Loewe氏が担当しました。教授はケンブリッジ大学による2000年度のthe Seatonian Prizeを受賞されました。
    Raphael Loewe氏の文章からの抜粋

    from “The Service in the Synagogue for Passover-Eve
    A watch-night this: God, who rules light and dark,
    Predestined it at midnight’s stroke - a mark
    Of love, that He remembers for the seed
    Of Abraham, whose night-march captives freed
    Blessed art Thou, O Lord, who lovest thy people Israel

    from “The Laws regarding Passover
    ...‘On 14 Nisan, being the day preceding Passover, carry out such work only as your sages declare permissible. Tailors, laundrymen and barbers are allowed to work as usual until midday, as a public service. If your forefathers were accustomed to refrain from work in the forenoon, adhere to their local practice:
    ‘My son, the code thy sire prescribed, obey,
    Thy mother’s teaching do not thrust away’.
    ...‘If however, a voluntary errand takes you to a different house, you must return forthwith and destroy [the leaven] in due form. If you are on the way to save people from marauding bands, from a river in flood, a collapsed building or a fire, abjure the leaven mentally - it is entirely unnecessary for you to return.
    Although thereto no flame you have applied,
    Yet ‘in God’s eyes will you be justified.’

  8. Haggadah、‘Amidoth、故David Goldstein氏による詳しい注釈、ならびにJeremy Schonfield博士に関して 大英図書館のヘブライ語写本を管理していた故David Goldstein氏がthe Barcelona Haggadahを特に愛していました。弊社の複製作りを激励して下さいました。
  9. 音楽の専門家 Yaacov Snir 氏が写本の中で描かれた楽器に関する論文の一部が載せられています。
  10. 参考文献、関連する著作
 
写本
  • 322ページ (161枚の二つ折りページ)
  • ページの大きさ 約255 × 190mm
  • 原版の各ページの大きさを忠実に再現
  • 138ページに絵や装飾が施されています。職人の手で一枚ずつ貼られた金箔、金粉や銀粉を使いました。
色の再現および試作
  • 色の専門家がレーザースキャナーで原版の色を分析
  • 原版と同じ色に刷れるまで各ページ最大4回まで試作
印刷
  • オフセット印刷
  • 最大12色のインクを使用
  • 弊社がイタリアの印刷所で各ページ点検
金箔などの装飾
  • 金、銀による装飾の輝きを原版に近く再現
  • 322ページの内、金・銀で飾られた105ページに職人が手作業で金箔を貼り付けました。
  • 原版の装飾を研究し、独自の工程で作られた材料
行間を整える目印
  • (行間を整えるため)が原版のいくつかのページに残っています。その目印も忠実に再現しました。
製本
  • 子牛の革(calfskin)の表紙をイタリアで製本
  • 空押しによる刻印 (表紙と背に絵や模様が刻印されています)
  • 本の背には職人の手によるひもが付いています。
  • 枚数構成は原版と全く同じです。
飾り方
  • 複製本と解説書を入れる箱には大理石模様が施されています。
贈呈用の保証書
  • ご入用なら、手作りの贈呈用保証書をお付けします。注文時に合わせて、お申し付け下さい。
発送、包装、保険
  • 本体の価格に発送、保険など、すべての費用が含まれています。
  • UPS社による発送。(一部地域除く)
  • 一部地域を除く追加料金なしの翌日配達サービス(UPS社)
  • 送り状とメールをお送りします。メールで進行状況をお知らせします。
発行部数
  • 550部限定
  • その内、500部は通常版 (1から500まで、番号が刻まれています)
  • その内、50部は贈呈に適した特別版 (I, II, III, IV~Lのようにローマ数字で番号を刻印)
  • 番号が目立たないよう、裏表紙の内側に刻印
  • 大英図書館の認証印が押された、番号付き保証書を同封
  • 印刷に使われる型、版をHalachah (ユダヤ教の規定)に従って処分
 
ご購入 The Barcelona Haggadahの価格は £3,950.00です。 ご購入 »