マドリードにあるリリア宮殿

The Alba Bible

写本装飾の傑作 初めてカスティリャ語に訳されたヘブライ語聖書と註釈

1046ページに及ぶこの作品には、Rabbi Moses Arragelによるヘブライ語聖書のカスティリャ語訳が収められています。 Calatrava 騎士団のDon Luis de Guzmánの命で作られました。

1422年から1430年にかけてMaqueda (スペイン)で作られました。

500部限定のシリアルナンバー付複製

ISBN 84 60418 650
価格 £41,000.00

ご購入 »

Folio 1v - Don Luis de Guzmánは大聖堂の左側に座って... 詳しく »

Maqueda (今のスペイン カスティーリャ地方) 1422年

キリスト教聖職者Don Luis de Guzmánが、著名な学者であった Rabbi Moses Arragel de Guadalajaraに重要な仕事を命じました。それはヘブライ語聖書の カスティリャ語訳、膨大な注釈の編集、さらに多くの絵と 装飾を写本に入れる事でした。ユダヤ人に忠実であるMosesは、キリスト教の立場と異なる本を作ることを非常にためらい、スペインのユダヤ人がキリスト教徒の攻撃にさらされる事を恐れました。

今日、the Alba Bibleとして知られているこの写本は1430年に完成しました。ユダヤ人とキリスト教徒の関係を良くする希望を託された作品でしたが、試みは失敗に終わります。キリスト教徒の憎しみは 宗教裁判によって煽られ、イベリア半島からのユダヤ人強制追放 (1492年)で頂点に達しました。

The Alba Bibleは装飾写本というだけでなく、ユダヤ人とキリスト教徒の学者達が、宗教対立を和らげるために協力した証です。今日のより良い相互理解を記念すべく、この複製が出版されました。Folio 49r - ヨセフの夢... 詳しく »

スペインにおいて、ユダヤ文化はユダヤ人強制追放から500年を経た現在も感じられます。スペインでのユダヤ人の活躍は何世紀にもわたる友好的関係の上に成り立っていました。

11世紀には、いくつかの地域でユダヤ人はキリスト教徒と同等でした。12世紀、13世紀に、ユダヤ人は古代ギリシャの作品をアラビア語からヘブライ語に訳し、ラテン語版の作成に関してキリスト教徒に力を貸しました。古代の知の世界をスペイン経由で再生しただけでなく、ユダヤ人学者Maimonidesの作品はアラビア語から、ヘブライ語とラテン語に訳され、Albertus Magnus、Thomas Aquinasなどのキリスト教学者に影響を与えました。

Folio 57v - 龍の紋章が付いた旗を持つ騎士 詳しく »

Moses Nachmanides、David Kimchiなどのラビ (ユダヤ教聖職者)の助けにより、スペインのユダヤ人達は本の内容だけでなく、装飾などの美しさも評価するようになりました。Judah ibn Tibbonは息子に「お前の本を仲間にしなさい。お前の本棚を喜びに満ちた地にしなさい。そこで育てた果実や花などを摘みなさい。」と言って、励ましました。

Folio 59r - 『出エジプト記』の冒頭から

スペインで反ユダヤ感情が収まった1422年、Don Luis de Guzmán (Calatrava騎士団長)はヘブライ語聖書のカスティリャ語訳を注文する決断をしました。ユダヤ教の立場で書かれた注釈を含むカスティリャ語訳聖書こそ、キリスト教徒をユダヤ人に対して寛容にさせるために必要だと考えました。

Castillaで絶大な力を持つキリスト教聖職者が下した決断そのものは素晴らしいものでした。Rabbi Moses ArragelをMaquedaという小さな町から見出し、報酬と引き換えに本の制作を命じました。しかし、キリスト教徒の憎しみをかきたて、ユダヤ人もしくは彼個人に被害が及ぶ事を恐れ、製作に乗り気ではありませんでした。さらに、聖書写本を華やかに飾るのはユダヤ教で禁じられていると指摘し、装飾を拒みました。彼の抗議の後、Calatrava騎士団長 (キリスト教聖職者)との文通が始まりました。その手紙は幸運にも残っています。

 
Folio 77r - 本文に重ならないように挿入された燭台の絵 詳しく »

The Alba Bibleの初めの25フォリオ (50ページ)には、Don LuisとRabbi Mosesの詳しい意見交換の文章が収録されています。Rabbi Mosesが製作を引きうけるまでの交渉が記録されています。本が完成した様子が描かれたミニアチュールには、Don Luis de Guzmánがソロモン王のように玉座に座っており、Mosesは本を渡すため、ひざまずいています。フランシスコ会とドミニコ会の修道士がMosesの作業を手伝いました。多くのキリスト教の芸術家もこの作品の装飾に携わり、傑作ができたのです。最後の所有者の名を取ってThe Alba Bible と呼ばれているこの作品はJuan二世の時代から現在に残った最も貴重な書です。

513 folio、334のミニアチュールから成るthe Alba Bibleの芸術的装飾よりも重要なのは、膨大な注釈です。Rabbi Mosesは、キリスト教にほとんど譲歩することなく、ユダヤ教の立場で書かれた注釈を訳しました。数々のラビによって書かれた タルグム ミドラシュ タルムード などの他、ユダヤ神秘主義の源である書Zoharからの引用もあります。装飾や絵には、聖書のさまざまな場面に対するユダヤ教的解釈が細かく描かれています。当時の楽器、家具、服装などが描かれている為、貴重な文化的記録でもあります。キリスト教徒のパトロンと、ユダヤ人の訳者・著者の協力によって、この作品はキリスト教・ユダヤ教間の対立を改善する要素となりました。

Folios 68v-69r - ヘブライ人たちの逃走 詳しく »

Rabbi Moses Arragel

深刻な社会的背景に反して、Moses Arragelがユダヤ教の視点を紹介できたのは画期的です。現存する写本の中で、これほどラビ (ユダヤ教聖職者)の考えを含んだ ミニアチュールはありません。

ユダヤ神秘主義の書 Zoharでの描写と同じく、この作品では、カインがアベルの首を蛇のように噛み、殺してしまう場面が描かれています。また、神殿の器具は同時期のヘブライ語聖書と同じように描かれています。Rabbi Moses ArragelはMaquedaで1430年6月2日にこの作品を完成させました。しかし、報酬が払われた時、彼は失明していました。15世紀末、Maquedaに住むユダヤ人の大部分がキリスト教に改宗しましたが、Arragelという名は記録にありません。この著作が彼の唯一の記録です。

激しい対立

1430年に写本が完成した後、おそらく1433年までフランシスコ会によって検閲されました。サラマンカ大学でドミニコ会のJuan de Çamoraが先行検査をし、Toledoにあるフランシスコ会の修道院で細かく検査されました。これによって、 対立は激化し、神学者、騎士、ユダヤ人、 ムーア人などの意見が衝突しました。その後、この書は1622年まで姿を消しました。1622年以降、AlbaとBerwickの大公の住むリリア宮殿にある図書室に所蔵されました。

Folio 29v - カインとアベルの絵 詳しく »

Don Luis de Guzmán

The Alba BibleのパトロンDon Luis de Guzmánはスペイン史において重要かつ、有名な人物です。この作品が完成した時、戦争が迫っており、完成品を華やかに披露する事はできませんでした。作品の絵のような場面は実現しなかったと考えられます。

Juan 二世の時代(1406-54)の記録はあまり残っていません。The Alba Bibleは大きな重要性を持つ記録です。反ユダヤ暴動や、14世紀、15世紀におけるキリスト教への改宗の強制の後、ユダヤ人たちは力を取り戻しつつありました。この作品は、知恵ある個人が、どのようにユダヤ教・キリスト教間の対立関係を改善できたかを明らかにしています。

 

初めの50ページにはRabbi Moshe Arragelの'Memorandum'が収められています。 Moshe Lazarは註釈書でこのように書いています。

Mosesの意図はキリスト教の批判、侮辱ではなく、パトロンから依頼された通り、キリスト教神学者の視点とラビの解釈を紹介する事です。次の点を考慮するよう、読者に勧めています。

  1. キリスト教とユダヤ教の解釈者の意見に大きな違いがない場合、どちらの信徒の読者にも受け入られるでしょう。
  2. この作品では、キリスト教とユダヤ教の解釈学者の意見の違いがはっきり描写されていません。キリスト教の読者は、この本において、自分の信仰から大きく異なる解釈をユダヤ教のものとして判断するでしょうし、ユダヤ人の読者も同様でしょう。Mosesの考えと、彼とともに写本を作った修道士の考えが合わせて記録されています。
    Folio 186r - アビメレクの死
  3. 解釈が大きく対立する箇所は明示されています。註釈部の初めにおいて、読者の注意を促しています。
  4. ユダヤ教の伝統に基づいて、最良と思われる註解をMosesは載せています。同じく、トレドとサラマンカの修道士による資料も収められています。
  5. 読者にさまざまな考えを紹介した聖書解釈の概要を作ることがMosesの意図でした。彼は、この注釈集に "la memoratiua" (メモ)という題を付けようと考えていました。他の題名としては、中世のmidrashの収集家が用いたように、ヘブライ語で「コレクション」を意味するyalqutという語を考えていたようです。

Moses Arragelは他に、語彙集と解説も編纂しました。(その著作の英語名はA Glossary for the Perplexedと言います。) 多くの専門語、新語、ラテン語化された語の解説に加え、聖書の解釈におけるユダヤ教・キリスト教それぞれの視点も説明されています。

Folio 183v - ギデオンは戦いに同行させる人々を選んだ。 詳しく »

聖書の各書の収録されている順番

Pentateuch
創世記
出エジプト記
レビ記
民数記
申命記

Former Prophets
ヨシュア記
士師記
サムエル記 上
サムエル記 下
列王紀 上
列王紀 下

Latter Prophets
イザヤ書
エレミア書
エゼキエル書
ホセア書
ヨエル書
アモス書
オバディヤ書
ヨナ書
ミカ書 
ナホム書
ハバクク書
ゼパニヤ書
ハガイ書
ゼカリヤ書
マラキ書

Writings
詩篇
箴言
ヨブ記
ダニエル書
エズラ記
ネヘミヤ記
列代志 上
列代志 下
雅歌
ルツ記
哀歌
伝道の書
エステル記

 
スペイン王Juan Carlos陛下と王妃Sofia陛下

1992年

1992年、スペイン王Juan Carlos陛下はユダヤ人 追放令を公式に撤回しました。ユダヤ人は公式に帰還を認められ、以前、スペインにあったユダヤ人コミュニティーが再興されました。宗教裁判という過去の悲劇は和らいでいくでしょう。

複製の依頼

弊社はAlba大公から複製作成の許可を頂いた後、現在の写本の所有者Mauricio Hatchwell Toledano氏から複製の注文を受けました。これまでで最も美しい複製を作って欲しいという希望にかなう作品に仕上げました。

複製本の表紙は精巧にblind-tool (空押し)されています。

この写本の注文者と同じく、Mauricio Hatchwell Toledano氏は意欲的な人物です。the International Jewish Committee Sepharad '92を推進し、Fundación Amigos de Sefaradを創設しました。 The Alba Bibleを、500年前に忘れられた希望の再興の証と見ています。

Mauricio Hatchwell Toledano

Sepharad '92の会長からのメッセージ

1492年は、ヨーロッパ人が新世界を発見した、大きな歴史的一歩でした。また、ユダヤ人追放が決まった年としてスペイン史に深く刻まれています。John Eliott教授が仰るように、まさしく帝国主義時代の始まった頃、スペイン王国の土台は弱まっていきました。

スペインのユダヤ人にとって、Sefarad (スペイン、もしくはイベリア半島の大部分)は離散先の一つというより、母国でした。ユダヤ人コミュニティーが500年間もこのような繁栄を経験した事はほとんどありませんでした。

現代スペイン語の発祥地Toledoにある通訳学校は、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教を信ずる人々の協調によって築かれた繁栄期の好例です。宗教的寛容に満ちた、珍しい時代でした。

1992年は、人々が今でも敬意を抱いている時代が終わった年の500周年に当たります。あの良き時代を記念すべく、セファラディーとアシュケナジーは協力してthe International Jewish Committee Sepharad '92を催しました。メンバーはthe Foundation Friends of Sefarad、世界のユダヤコミュニティー、北米とヨーロッパのユダヤ人組織などです。非ユダヤ人も含まれています。名誉会長はノーベル賞受賞者Elie Wieselです。

私たち、the International Jewish Committee Sepharad '92は、21世紀の夜明けにあって、釣り合いの取れた歴史を示すことを望みます。1992年は我々の経験した悲劇を正しく記憶する機会だけでなく、全世界に次の事を伝え得る機会でもあります。

  1. スペインにおいて、虐殺されただけでなく、歴史から忘れ去られた我らの祖先たちの歴史を知る。

  2. セファラディーとアシュケナジーが西洋文明に果たした役割を、ユダヤ人と非ユダヤ人に喚起する。イスラエルの再興とともに、ユダヤ人は経典の民として、農業、科学技術、そして軍事において、高い能力を示した。

  3. 宗教的寛容性こそ、人類の文化のふさわしい形であり、世界のこれからの発展の土台でもある事を伝える。

「忘却は離散への道であり、記憶は贖いの鍵である。」

Mauricio Hatchwell Toledano

James Brockmanが写本を解体する準備をしています。

世界で有名なイスラエル人写真家 David Harrisがマドリードのリリア宮殿の地下で撮影しました。Large-formatのカメラと撮影器具の後ろに立っています。
James Brockmanが、撮影のために写本の縫い糸を切って、解体しています。

     マドリードの研究所で写真が分析され、弊社に送られます。それから、ミラノで色の再現をします。

複製本の製作

最高の質を求めて、Toledano氏は、最高の素材と職人技によって、写本の複製を作るよう弊社に依頼しました。

弊社は、the Alba Bibleに使われている羊皮紙に限りなく近い透明度と感触を持つ紙をイタリアで作っております。経験豊かな製本者James Brockmanが、マドリードにあるリリア宮殿で写本を解体しました。イスラエル人の写真家David Harrisが、一枚ずつ写本をlarge-formatフィルムで撮ります。色のバランスをデジタル調整します。翌年、ミラノからのcolour separators、弊社のLinda Falter、印刷業者が、マドリードで各ページの細かい点まで原版と比べながら、試作を重ね、忠実に仕上げました。

文章の筆跡や装飾に使われている金箔まで細かく調べ、正確に再現されています。弊社のMichael、Linda Falterが製作の全期間、ミラノに滞在し、職人を監督しました。Maquedaで数々の名職人によって作られた原版のように、 ミラノに外国からの職人や専門家を集め、 限りなく正確な複製本を作りました。

製本

原版の表紙は現存していません。Blind-toolされたMudéjar様式の表紙が、この複製本のために作られました。写本が作られた時期に建てられたToledoの大聖堂の内装に基づいて、表紙の模様が彫られました。 本体を包むための大きなモロッコ革を製本業者 Angelo Recalcatiが厳選し、製本しました。

宮殿での披露

一年間の出版作業の締めくくりが、1992年3月31日、マドリードのパルド宮殿で行われました。スペイン王Juan Carlos陛下にthe Alba Bibleの複製が披露されました。陛下は ユダヤ人追放令を撤回し、全てのユダヤ人を歓迎すると公式に宣言なさいました。

複製本と解説書の発行部数を500部に限定し、製作いたしました。この中世の傑作が多くのお客様の手に届く事を願っております。

スペイン王 Juan Carlos陛下と王妃 Sofia陛下が弊社の Michael Falterをマドリードのパルド宮殿にご招待下さいました。
1992年3月31日 Mauricio Hatchwell Toledano氏が二部の複製本をスペイン王Juan Carlos I と当時のイスラエル大統領Chaim Herzogに披露しました。
弊社のLinda FalterがJuan Carlos陛下とSofia陛下に写本の製作について話しています。
 

この著作は単なる装飾本ではありません。Mauricio Hatchwell Toledanoは、この本の制作が当時活躍した学者たちへ依頼されたことに焦点を当てながら、作品を詳しく説明しています。熟練した印刷工 Gerald CinamonAnthony Kitzingerが解説書を優雅に仕上げました。各章の初めは、カリグラフィーに卓越した Satwinder Sehmiが担当しました。中世の写本とユダヤ文化の専門家 Jeremy Schonfieldによって編集された解説書は、写本をユダヤ人の強制追放までの時代背景に合わせて説明します。

解説書に各ページの内容が詳しく解説されています。

Shlomo Ben-Ami (元 在スペイン イスラエル大使)がスペイン文化へのユダヤ人の役割を語ります。

パリのInstitut National des Langues et Civilisations Orientales(フランス国立東洋言語文化研究所)の教授(専門はユダヤ芸術)であるSonia Fellous-Rozenblatが、この作品が注文された背景を詳しく説明し、絵画や装飾の象徴する意味についても解説しています。Fellous氏は他にもこの作品の絵画と装飾に関する本を出しています。書名 Histoire de la Bible de Moïse Arragel (Somogy éditions d’art, France ISBN 2-85056-516-4)

Folio 224v - ヨアブはアマサを殺した... 詳しく »

ライデン大学の研究者Adriaan Kellerが、この本に関する 写本学 古文書学の研究について説明します。

U.C.L.A.教授 (専門は比較文学) Moshe Lazarが聖書の翻訳と註釈を解説します。

エディンバラ大学教授 (専門は中世スペイン史) Angus McKayが、the Alba Bibleが作られた時期のユダヤ人とキリスト教徒の関係について語ります。

解説書の表紙にはモロッコ革が使われています。

 

写本

  • 大きさ 約405 × 295 × 110mm
  • 各ページの大きさには細かい違いがあります。1026ページ、513 folio。1から513まで番号が振られています。

  • 原版で使われた羊皮紙と同じ透明度、繊維、厚さの紙を、数年の研究の後に作りました。アルプス山脈にある製紙場で作られています。この複製本に似た紙が弊社の製品the Kennicott Bible、Rothschild Miscellany、Barcelona Haggadahにも使われ、高い評価を賜っています。pH中性で、重さは160 gsmです。
色の分析と再現
  • 色の分析・再現を担当するcolour separatorは、レーザースキャン装置を使い、試作の前段階としてcolour separationsという作業を行います。試作品はマドリードで原版と比べられ、修正します。試作は各ページ、4回まで行われ、原版に限りなく近い色に仕上げられます。
印刷
  • この製品は オフセット印刷されており、 最大12色が組み合わされています。印刷の全工程を通して、弊社の者が印刷所で監督し、各ページを丁寧に仕上げます。
金と銀の装飾
  • 原版に使われている3種類の金と銀が忠実に再現されています。
  • 盛り上がった金と銀を再現するため、研究を重ね、当社独自の方法を使いました。職人は一ページずつ金箔を貼り付けます。
  • 非常に薄い金属片を使って、平らな金・銀を再現しました。その上に印刷を重ねて、あらゆる色を作り上げました。加えて、金粉も使われています。
  • 原版に使われている銀の大部分は錆びています。新しい技術によって、 酸化した効果を再現しました。
紙に空いた穴
  • 原版には、製作中にできた穴や、虫による穴が見られます。複製でも、丁寧に再現されています。
裁断
  • 原版と複製の各ページは同じ大きさに厳密に裁断されています。角に金箔が貼られています。
表紙
  • 原版の表紙は現存していません。 モロッコ革で作られたMudéjar様式の表紙が、この複製本のために作られました。Blind-tooling (色を使わない刻印法)を用いています。写本が作られた時期に建てられたToledoの大聖堂の内装に基づいて、表紙の模様が彫られました。 写本に書く際、quiresを後で加えて、間違いを訂正したり、文を加えたりする場合がありました。一枚ずつ丹念に切った紙を、職人が手で縫い、原版の順序で忠実に再現しております。
発行部数
  • 500部限定
  • 150部 1から150まで番号が振られた豪華版。背の部分も革で作られています。
  • 300部 (ケース付き) 151から450まで番号が振られた通常版。
  • 50部 Ad Personam版。 I からLまでローマ数字で番号が振られています。
複製に使った型の処分
  • 全ての複製が完成した際、複製本の価値を保つために、印刷の型を破棄します。
カリグラフィー付き証明書
  • ご入用であれば、カリグラフィーの専門家による、豪華な製品証明書を無料でお作りします。 贈呈される方・ご家族のお名前をお入れします。 ご購入の際、お申し付け下さい。

発送、包装、保険

  • 本体の価格に発送、保険など、すべての費用が含まれています。
  • UPS社による発送。 (一部地域を除く)
  • 一部地域を除く追加料金なしの翌日配達サービス
  • 送り状とメールをお送りします。メールで進行状況をお知らせします。
 
ご購入 The Alba Bibleの価格は £41,000.00です。 ご購入 »